富士見台リズム保育園

TOPICS
トピックス

令和2年10月1日「十五夜」・「記念メダル」

2020年10月1日

保育園でも園児の祖父母が「団子」や「芋・栗・りんご・ぶどう」などの農作物を「園児に見せてあげて」と持って来てくれました。ススキ・けいとうの花と大きなお月さまを一緒にかざり楽しいお月見となりました。

子どもたちもお迎えの保護者の皆さんと会話がはずんでましたね。

今晩お月さまが見れるといいなぁ~🌕

<ススキ>

ススキは秋の七草の1つ。
白い尾花が稲穂に似ている、魔除けになるという理由で供えるようになりました。

<月見団子>

丸い団子を月に見立て、感謝の気持ちを表わすそうです。
団子の数は十五夜なら15個。ピラミッドのように積んで供えます。
これは一番上の団子が霊界との懸け橋になると考えられていたからです。

<農作物>

里芋、栗、枝豆など収穫されたばかりの農作物を供え、豊作に感謝していたようです。
中でも里芋を供えるのは一般的で、「中秋の名月」は「芋名月」の異名をもちます。

秋の夜長をお月さまを見て親子で話を楽しんでください。