認定こども園 富士見台リズム

TOPICS
トピックス

10月1日 十五夜

2020年10月2日

10月1日は十五夜でした。満月がとてもきれいでした。

十五夜は中秋の名月とも呼ばれ、

「秋の真ん中に出る月」という意味があります。

十五夜のころはイネが育ち、間もなく収穫が始まる時期。

無事に収穫できる喜びを分かち合い、感謝する日でもありました。

こども園でも日本の伝統的な秋の行事である十五夜を楽しみました。

ススキ:現在の日本の十五夜は、先祖供養とともに秋の収穫を祝い感謝するという

五穀豊穣を祈る行事でもあります。そのため、イネに見立てたススキを飾って

豊作を祈ります。

豆、芋:月に見立てて豆や芋(里芋など)を食べたり供えたりします。

月見団子:豆や芋と同じく、月見団子も月に見立てて食べます。なお、現在では月見

団子は十五夜には15個、十三夜には13個を飾ることが一般的です。

お月見のお話の絵本を紹介します。

14ひきのおつきみ(14ひきシリーズ) 

            作:いわむらかずお

おつきさまこんばんは 

            作:林 明子

秋の夜長にお子さんと一緒に絵本を読んでみましょう。